働きながら登録販売者資格を取得するには?

転職やキャリアアップを狙って、資格の取得に励む方もおられるでしょう。

 

現在、需要が高いとされている登録販売者の資格ですが、働きながらこの資格を取得しようと思うならどのようにすればよいのでしょうか?

 

受験対策は通信教育がおすすめ

働きながら登録販売者の資格の取得を目指すのであれば、計画的に学習スケジュールを立てる必要があります。

 

もしもそうしないのであれば、資格を取得するまでにかなり時間が掛かることになりかねません。

 

効率良く学習して、登録販売者の資格試験に合格しようと思うのであれば、ポイントを押さえた学習テキストを使用して学ぶことのできる通信教育がおすすめです。

 

しかし、通信教育で資格のための勉強をする場合、登録販売者の資格の試験対策用の講座などさまざまな種類があるため、それぞれの講座内容を比較検討して自分に合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

 

そうすることで、無理のない学習スケジュールのもと、働きながらでも登録販売者の資格の取得を着実に目指すことができるでしょう。

 

実務経験を積むことも考慮すべき?

登録販売者の資格を無事に取得できたとしても、その他の条件をクリアしないことには、登録販売者として医薬品の販売に携わることができません。

 

ですから、転職目的で登録販売者の資格を取得しようと思っているのであれば、実務経験を積むことも考えて、早いうちから薬剤師や登録販売者が管理している薬局やドラッグストアなどで働いておくようにすると良いでしょう。

 

以前は、登録販売者の資格の取得試験を受験する際には、実務経験が受験条件として必要とされていました。

 

ところが現在では、以前とは違ってどなたでも受験が可能になっているとは言え、やはり実務経験がなければ登録販売者になることは難しいと言えます。

 

そのため、もしも登録販売者になりたいと思ったのであれば、実務経験を積みながら働ける職場を探して、通算2年になるように働いてみることは大切なのではないでしょうか。

 

そうすれば、登録販売者の資格が取れたと同時に、店舗管理者になることが可能になります。