登録販売者の仕事内容は?

第二類、第三類の医薬品販売

登録販売者は、その名称通り、第二類、第三類の医薬品販売を行っています。

 

小売店のスタッフであると同時に、正規の医療関係者という扱いになるのです。

 

公的な資格の所有者とあって、無資格者とは業務範囲が明確に区別されています。

 

店舗によっては、法律上の有資格者設置の基準を満たすことが目的であって、通常のスタッフとして扱われる場合もあります。

 

キャリアアップを目指したい方は、専門知識が身につく職場なのかをよく考えましょう。

 

たとえば、一部の医薬品がある店舗でアルバイトをしたいだけなら、高度な知識までは求められません。しかし、他の登録販売者との差別化まで行うのは、難しいです。

 

顧客からの質問に返答すること

ドラッグストアのような専門的な店舗では、何らかの悩みを抱えた顧客が訪れるケースもあります。

 

顧客からの質問に返答することも、登録販売者の重要な業務です。

 

薬剤師と違って販売時の説明義務はありませんが、顧客からの質問に対しては説明しなければいけません。

 

小売店の顧客は、主に近所の方であって、その口コミはかなりの影響力があります。

 

登録販売者の有資格者としてテキパキと返答できなければ、不信感を持たれてしまうでしょう。

 

同じく、時給が高いスタッフなのに役立たないとなったら、店長や同僚からも良くは思われません。

 

合格してからも勉強を続けていくのが、有資格者としての務めです。

 

店舗管理者などの運営業務全般

医療関係者として扱われますが、本質的にはやはり小売店のスタッフです。

 

長く勤務していれば、店長から売り場を任される、あるいは、店舗管理者として他のスタッフに指示を出す立場になります。

 

運営業務全般を覚えていかなければ、キャリアアップは困難でしょう。

 

逆に言えば、長く勤めているのに、新人とほぼ変わらない業務しか任せられないようでは、入れ替えになってしまう危険もあるのです。

 

私は登録販売者だから医薬品販売だけやっている、という姿勢では、どんどん自分の立場を失ってしまいます。

 

搬入、品出しといった日常業務から、売上アップになる企画提案まで、1つずつマスターしていきましょう。