登録販売者試験|合格率はどれくらい?

全国平均40%に惑わされないように

登録販売者試験の合格率は、全国平均40%ぐらいとなっており、就職系の資格の中では高い方です。

 

だが、決して簡単に合格できる試験ではなく、甘く見ていると手も足も出ないまま終了してしまいます。

 

合格率の高さに安心せず、きちんと試験勉強を進めていきましょう。

 

一定時間以上の試験勉強をしてきた方が合格できる見込みがあるというだけで、ただ適当に解答するレベルで合格できるわけではありません。

 

いくら選択式のマークシート試験と言っても、問題文の内容を理解できないままでは話になりません。

 

分からない単語を辞書で調べるなどの積み重ねで、スムーズに解答できる段階になるまで努力しましょう。

 

試験範囲の勉強には1年間ぐらいかかる

社会人が働きながら勉強するケースでは、試験範囲を修了するまでに1年間は必要です。

 

もっとも、短期集中で勉強できる方や、専門学部の卒業者、実務経験者については、要点だけ覚えることで短期合格も狙えます。

 

登録販売者試験に合格してからが本番なので、この機会にじっくり勉強するべきです。

 

現場に入ったら、仕事帰りに改めて勉強することが難しくなってしまいます。

 

落ち着いて学習できる環境は貴重であり、大切に扱うことをお勧めします。

 

自分の生活がかかっている社会人にとっては、資格取得後のキャリア形成も重要です。

 

就職先の候補をリサーチして、自分のモチベーションを高めるのも良いでしょう。

 

粘り強く勉強すれば合格できる試験

合格率が高い試験だから、テストが苦手な方であっても粘り強く勉強すれば大丈夫です。

 

複数の都道府県で受験できる上に、年度による出題傾向がほぼ同じなので、主婦にとっても相性が良い資格となっています。

 

少しずつでも歩みを進めれば、数年後ぐらいには合格圏が見えてくるでしょう。

 

現場での接客は誰にも負けないけれど、難しいことを学ぶのは敬遠してきた方ほど、この登録販売者試験に向いています。

 

実務経験と学歴の要件がないから、高卒ですぐに小売店などの現場に出た方でも安心です。

 

正社員になれずにフリーターを続けてきた場合でも、登録販売者になることで時給が上がらない現状を打破できます。