登録販売者の給料はどれくらい?

資格手当がつくので時給は高めになる

気になる登録販売者の給料は、パートであっても資格手当が上乗せされるのが一般的です。

 

時給ベースで数百円上昇することも珍しくなく、月度単位ではかなりの収入アップが見込めます。

 

医薬品販売が認められたスタッフだけに、やはり無資格のスタッフよりも利益率が高く、必要とされているのが現状です。

 

高い時給に見合った働きが求められることを忘れずに、医薬品販売のプロとして積極的に企画提案を行いましょう。

 

他にも有資格者はいくらでもいる為、時給に見合っていないと判断されたらすぐに交代させられてしまいます。

 

有資格者である優位性を過信せずに、常に自分の付加価値を高めていくのがポイントです。

 

正社員は小売スタッフの上位互換に

小売店の正社員については、新入社員で年収300万円前後、店長クラスに昇進すれば年収400万円台です。

 

医薬品販売ができる登録販売者になれば、より活動の場が広がります。

 

主に医薬品を販売しているドラッグストア等では、登録販売者になったから正社員登用されたというよりも、正社員を有資格者にする事例が多いです。

 

小売業界での職務経歴があって、なおかつ、登録販売者であれば、これから医薬品販売に参入する会社で正社員になれる可能性があります。

 

正社員になりたい場合は、パートとして働いている勤務先から、登録販売者としての実務経験を証明してもらえるかどうかを確認しておくべきです。

 

需要と供給によって給料は変わる

まだスタッフが不足している会社であるほど、好条件で大勢の登録販売者を採用しています。

 

受験資格がなくなったことから、いかに早く有資格者になって良い求人に応募するのかが勝負の分かれ目です。

 

ノンビリと構えていたら、いち早く試験に合格した方に快適な座席を占領されてしまいます。

 

需要と供給によって給料が変わるので、即戦力の有資格者が増えるほどに、採用基準が厳しくなっていくことを忘れてはなりません。

 

この登録販売者は、日本では数少なくなった、これから切り開かれていく未開拓の荒野です。

 

先行者は店長になることも可能である反面、遅れた者には待遇の悪いパート求人しか残されません。