登録販売者とは?

医薬品販売ができる専門職

登録販売者とは、一部の医薬品販売ができる専門職であり、2009年から登場しました。

 

薬事法改正によって、一般の小売店における医薬品販売を目的とした資格ができたのです。

 

それまでも類似の資格はあったのですが、有資格者の数が不十分といった理由で登録販売者に統一されました。

 

解熱などを目的とした医薬品は、その効能の強さによって3タイプに分類されています。

 

医師の処方箋に基づいて薬剤師が調合する医薬品は第一類になり、登録販売者には扱えません。

 

登録販売者が扱えるのは、比較的効能が弱い第二類と第三類の方です。

 

調剤薬局よりも小売店寄りの資格となっていて、門戸が広くなっています。

 

主な職場は医薬品を扱う小売店

部外者には手が出せなかった医薬品販売が規制緩和されたとあって、小売業界はこぞって市販品の風邪薬などを棚に並べたがっています。

 

新設された資格だから、まだ有資格者の数が少なく、これから資格取得しても、まだ登録販売者として就職しやすい環境です。

 

就職しやすい医療事務などの人気資格と比較しても、小売店全般が就職先になるメリットがあります。

 

医療関係の資格であるにもかかわらず、その活動範囲が広く、これまで化学といった専門分野を学んだことがない方でも理解できる内容です。

 

しかしながら、顧客から相談された時には説明義務があり、医薬品の知識を勉強していく必要があります。

 

店舗管理者へキャリアアップできる

薬剤の調合のような専門的な行為は、薬剤師しか行えません。けれども、登録販売者には、小売店の店舗運営者へ昇進する道があるのです。

 

登録販売者は、一定年数の実務経験によって、店舗管理者への登録が可能となります。

 

店舗管理者は、店長のような役職者を意味しており、正社員として勤務できる可能性が高いです。

 

自分の専門分野が明確になるから、任される仕事も医薬品販売が中心になります。

 

経験が浅いうちは苦労しますが、一人前の登録販売者になれれば、より好待遇の求人にも応募可能です。

 

一部の医薬品販売において法的に義務づけられている資格だから、今後も需要は増加するでしょう。