登録販売者試験にはどんな問題が出る?

販売する医薬品の基礎知識全般

登録販売者試験で出題されるのは、主に医薬品の基礎知識全般です。

 

一部の医薬品の販売ができる有資格者になる試験だから、複数の項目にまたがって幅広く出題されています。

 

店舗を訪れた顧客にとっては、登録販売者は医薬品の専門家に他なりません。

 

ゆえに、その期待に応えられるだけの基礎知識が問われます。人体への影響も含めて、全問題の半分ほどを占めている状況です。

 

有資格者として現場で働く場合にも必要だから、試験範囲に限らず、できるだけ力を入れておきたい分野の1つとなっています。

 

コンパクトにまとめられたハンドブックが手元にあると、現場での再確認など、色々な場面で役立ちます。

 

薬事法と関連制度の理解度を試す

日本の医薬品は、全て薬事法と関連制度に基づいて販売されています。

 

人体に大きな影響を及ぼす医薬品の取り扱いは、これまで薬剤師といった国家資格を持った人間にしか許可されていなかったのです。

 

薬剤師の系統になる登録販売者は、同じく薬事法と関連制度への十分な理解が必要不可欠となっています。

 

公認の専門家になったら、法律違反の行動は処罰の対象となってしまうので気をつけましょう。

 

自分自身の為にも、この薬事法と関連制度はしっかり覚えておくべきです。万が一、勤務先で誤った指示が下りてきたら、専門家として訂正しなければいけません。

 

なお、薬事法などは、改正される可能性があります。

 

医薬品の服用に関する専門知識

登録販売者に一部の医薬品販売が認められているのは、医薬品の選択や服用に関する専門知識があるからです。

 

当然、登録販売者試験においても、医薬品の効用から服用時の注意に至るまで、かなり幅広く出題されています。

 

薬剤調合が許可されている薬剤師ほど厳格ではありませんが、登録販売者にも医薬品販売時に顧客への説明義務があるのです。

 

現場で困らないように日々勉強しておくのはもちろんのこと、有資格者になってからも最新の専門知識へとアップデートしていく姿勢が求められます。

 

誤ったアドバイスを顧客にしてしまうと責任問題になりかねないので、試験勉強を研修の一環と思って頑張りましょう。