「登録販売者」と「薬剤師」の違いとは?

薬剤師は医薬品の開発から携わる専門家

薬剤師は、日本で販売されている医薬品の開発から携わっている専門家です。

 

医療従事者の一角として、調剤分野では医師から意見を求められることも少なくありません。

 

高校で理系を選択した上で、大学の薬学部へ進学するのが一般的です。

 

約6年間の期間において、座学と実習を繰り返し、必要な単位を取得していくので、途中で脱落する学生がいるほどの厳しい道となっています。

 

さらに、薬剤師の国家試験に合格することで、ようやく有資格者として認められるのです。

 

もしも薬剤師を目指す場合は、計画的な高校生活と受験勉強の日々になります。

 

社会人から目指す方はあまり見られず、現役高校生の進路の1つです。

 

登録販売者は医薬品を販売できる店員

新設された登録販売者は、専門性が低い医薬品に限って販売できます。

 

薬剤師が不在でも一部の医薬品販売が可能となり、コスト削減の一環として薬剤師から置き換える会社も出てきました。

 

資格の経緯から公的な色合いが濃く、適切な受験勉強をすれば、誰でも合格できる仕組みとなっています。

 

薬剤師の国家試験とは異なり、知識がない方を一人前に育て上げる為の試験です。

 

比較的簡単に取得できる資格だけに、処方箋による調剤と、効能が高い医薬品の販売は認められていません。

 

目薬のように、正しく使用するべき日用的な医薬品のみです。立場的には薬剤師の下となりますが、実態としてはかなり差があります。

 

小売業界で働いている場合は登録販売者

小売業界で働いている場合は、登録販売者を目指す方が現実的です。

 

薬剤師を目指そうとしたら、現在の仕事を辞めてから受験勉強に専念して、大学入学後には6年ぐらいの学費等を支払わなければいけません。

 

薬学部は人気が高く、成績優秀な現役高校生を押しのけて合格するだけでも困難です。

 

登録販売者は社会人向けの資格となっており、働きながらでも合格できます。

 

実務に必要な知識が詰め込まれているから、合格によって有資格者としての販売許可のみならず、すぐに迷わず働けるだけの状態になるのです。

 

小売店のスタッフとしてキャリアアップを図れるので、さっそく対策講座の資料請求をしてみましょう。