登録販売者の資格|どれくらいの期間で取得できる?

自分の実力次第でいくらでも短縮できる

登録販売者の資格は、誰でも願書を送るだけで受験可能です。

 

加えて、自分の実力次第でいくらでも受験勉強の期間を短縮できる為、理論上は願書受付の時期から受験日までの数ヶ月だけでも合格できます。

 

元々試験の類が得意な方や、薬学関係に強い方にとっては、最新の試験動向を踏まえたテキストを入手するだけでも合格できる可能性があります。

 

まずは自分の客観的な実力を把握して、それに見合った学習期間を考えましょう。

 

実務経験が必要なくなったので、純粋に試験内容についてのみ考えることが可能です。

 

何はともあれ、情報収集の為に、近所の書店で過去問などを立ち読みしてみるのも良いでしょう。

 

資格対策講座では平均1年間の学習期間

登録販売者の資格対策講座は、自宅学習ができる通信講座が中心となっています。

 

なぜなら、論述や実技試験がない関係で、他の資格試験より通信講座に向いているからです。

 

動画による解説がなくても理解できるレベルだから、DVD教材をつけないところもあります。

 

マイペースで学習していく通信講座ゆえ、平均1年間の学習期間が設けられています。

 

本来、暗記と論述、あるいは計算をバランス良く進めていかなければいけないのですが、登録販売者の試験では全てマークシートなので心配不要です。

 

空き時間でコツコツ進めやすい内容だから、一気に進めるよりも、じっくり消化していくスタイルが向いています。

 

無理のない学習計画を立てるのがお勧め

1回の学習にかける時間が短くて済むので、短期間で完了させるのではなく、無理のない学習計画を立てるのがお勧めです。

 

通信講座では多少のブランクができても問題ないので、焦らずに中断した部分から進めていきましょう。

 

通信講座で1年間の学習期間があるのならば、最初からフルに使うぐらいの予定にするか、もしくは、前半の半年ぐらいの予定にするか、受講生の数だけ学習計画があります。

 

どういった学習計画にしても、なるべく毎日机に向かう習慣をつけることが重要です。

 

受験勉強に慣れていない方の場合は、自分が毎日必ず学習できる時間から逆算して、学習計画を立てるぐらいで最適になります。