登録販売者の求人状況はどう?

医薬品販売の小売店では増加中

体調を整える医薬品は、景気に左右されにくい安定した商品です。

 

そのため、新たに取り扱う小売店が増えており、一部の医薬品販売ができる登録販売者の求人数は増加傾向にあります。

 

基本的には、通常の店員としての業務をこなしつつ、並行して顧客からの相談に対応する形態です。

 

医薬品販売の責任者となるので、商品棚における発注などの関連業務も任されるケースが多く見られます。

 

従来のドラッグストアでは、薬剤師といった上位の専門家が在籍していることが多く、その指導の下で働く形になります。

 

まだ登録販売者になったばかりの方は、プロとして成長できる求人に応募するのも良いでしょう。

 

小売店の営業時間帯と方針にもよる

登録販売者の求人状況は、長時間営業の小売店が出しているものが目立ちます。

 

色々な医薬品を販売している小売店で、その時間帯に登録販売者がいないことは死活問題であり、勤務シフト上で最低1人は有資格者がいるだけの人数を確保しているのです。

 

スタッフが足りている小売店では、責任者である店長や正社員のみに対応させるケースもあります。

 

なぜなら、その小売店では、医薬品販売をパートには任せられないという方針だからです。

 

小売店の営業時間帯と方針によっても、登録販売者の扱いが異なるので、応募前に情報収集をしておきましょう。

 

ミスマッチになってしまうと、お互いにとって不幸です。

 

正社員の求人としては頑張り次第

どこでも良いからパートとして勤めたいだけならば、すぐに採用してくれる店舗が見つかります。

 

ですが、福利厚生が用意されている正社員の求人となると、かなり厳しい状況です。

 

勤務態度が不明な新規スタッフをいきなり正社員待遇で雇う会社は少なく、あったとしても半年程度の試用期間が設けられています。

 

有資格者になったのだから正社員を目指したい気持ちは分かりますが、まずはパートで経験を積むべきです。

 

小売業界を志望している学生ならば、資格取得だけで有効ですが、社会人が転職するには即戦力でなければいけません。

 

また、正社員として採用されたら、定期的な転勤も受け入れることになります。