登録販売者|今後の需要・ニーズはある職業?

将来性のない資格を取ったり、需要の低い資格を取得するのはできれば避けたいと思う方も多いでしょう。

 

ところで、近年人気が高まりつつある登録販売者の資格ですが、果たしてこれからのニーズがある仕事だと言えるのでしょうか?

 

登録販売者の需要はあるの?

2009年に改正された薬事法により、新たに認定されるようになった登録販売者の資格。薬剤師に比べると、世間的な認知度はまだまだ低いのではないでしょうか。

 

しかし、登録販売者が活躍できる場は、以前よりも拡大されていると言えるでしょう。

 

薬剤師不足を理由にはじまった登録販売者の資格の認定は、コンビニやインターネットによって一般用医薬品が販売されるようになったいま、非常に必要とされている資格です。

 

特に、医薬品の扱いがあるコンビニは売り上げアップを狙うことができますが、登録販売者などの一般用医薬品を販売できる資格を有している人がいなければ、医薬品を店に置くことも難しいでしょう。

 

そのため、登録販売者を必要としてる職場は多く、これからも益々需要のある資格だと言えるでしょう。

 

登録販売者の資格はいまが取得しどき?

登録販売者の資格はニーズの高い資格ですが、学歴や年齢制限などについての受験条件がないため、どなたでも受験することができる資格です。

 

また、一般用医薬品のスペシャリストである登録販売者の資格は、一度取得してしまえば一生涯を通して使える資格だと言えるでしょう。

 

平成27年度より前に登録販売者の資格を取得しようと思ったのであれば、受験前の実務経験が必要となっていました。

 

しかし、平成28年の登録販売者の試験からは、過去5年以内に通算2年以上の実務経験がある場合には試験合格後、すぐに医薬品の販売をすることができ、さらに店舗管理者になることが可能となっています。

 

もしも実務経験がまったくない場合には、試験合格後に、薬剤師か店舗管理者のもとで実務経験を積む必要があります。

 

ですから、「登録販売者になりたい!」と思ったのであれば、自分の実務経験の有無も考慮に入れて、資格を取得できるようにすぐにでも試験対策のための学習をはじめることが肝心です。