登録販売者試験に合格するコツは?

試験範囲を勉強できる時間を確保

登録販売者試験は、税理士試験のような難関試験ではないものの、適当に勉強しただけで合格するほど簡単ではありません。

 

試験範囲が広いので、まず一通り勉強できる時間を確保するのが大切です。

 

1日6時間以上勉強できる環境でもなければ、約1年間は必要となります。

 

主要な対策講座においても、8ヶ月から1年間の受講期間が設けられており、簡単に攻略できない試験であることが分かります。

 

仮にも医療関係者の資格である為、その試験範囲は人体の構造から薬剤の中身にまで及んでいます。

 

朝の出勤前の30分間など、邪魔が入らない空き時間を自分なりに見つけて、少しずつ学習計画を進めていきましょう。

 

分かりやすくて試験に沿った教材を

せっかくプライベートを削って試験勉強に当てても、見当違いの教材を使用していては徒労になるだけです。

 

まだ何も知らないのに、いきなり難解な専門書を読み始めても、まったく理解できないだけで終わります。

 

分かりやすくて、試験に沿った教材を入手することが、合格するコツとなっています。

 

教材選びは、どの資格試験であっても大きなウェイトを占めており、この登録販売者試験も例外ではありません。

 

これまで学校の試験で良い思い出がなかった方は、素直に合格ノウハウがある対策講座を受講しましょう。

 

効率良く勉強していく為には、学費を払って実績豊富なオリジナル教材を利用する方法が効果的です。

 

合格点から逆算して学習を進める

資格試験に慣れていない方は、どうしても全問正解にこだわってしまいます。しかし、登録販売者試験では、別に全問正解する必要はなく、合格点さえ取れれば事足りるのです。

 

この点をよく理解していないと、学習時間の割には点数が取れない事態に陥ってしまいます。

 

合格点から逆算して学習を進めるテクニックは、1年間ぐらいの長期間の試験勉強では必須です。

 

試験範囲を一通りカバーしながら、並行して登録販売者試験の要点をまとめていくことをお勧めします。

 

勉強してから時間が経った時点で、そのまとめノート等を見直していくのです。

 

試験範囲が広いから、すぐに疑問点を復習できる状態にしましょう。