未経験から登録販売者試験に合格するには?

登録販売者の資格は、国家資格ではないため、特定の条件なしでどなたでも試験を受けることができます。

 

各都道府県によって実施されている登録販売者の試験ですが、医療系の仕事に就いたことのない未経験者が合格するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

未経験から登録販売者試験を受けるには?

年齢や学歴、そして実務経験も不問となっている現在の登録販売者試験は、誰でも受験可能な試験です。

 

そのため、ドラッグストアや医療系の職場で働いた経験がなかったとしても、登録販売者の試験を受けることができるでしょう。

 

それぞれの都道府県が実施する登録販売者の試験は、択一式の筆記試験のみとなっています。

 

たとえ薬の知識がない未経験者だったとしても、テキストや過去の問題集で受験勉強をしっかりすれば、合格することは可能だと言えるでしょう。

 

ただし、登録販売者の資格は、比較的新しく設けられた資格であるため、受験対策を万全にするためのテキストや問題集選びに苦労することがあるかもしれません。

 

まったくの未経験であれば通信教育を活用しよう

全国で需要があるため、人気のある資格となっている登録販売者の資格。そんな資格を取得して、就職や社会復帰に活かしたいという方も多いのではないでしょうか?

 

それゆえ、登録販売者の資格を取るために受験する人のほとんどが、薬や薬学についてこれまでまったく学んだことがない未経験の人たちだというのも頷けるでしょう。

 

そのような人々が登録販売者の試験を受けて合格するためには、スクールに通うか、もしくは通信教育で登録販売者の資格の取得を目指す受験対策の講座を受講するのがおすすめです。

 

自分のペースで学習することのできる通信教育なら、わかりやすいテキストと教育機関の細やかな学習サポートで着実に合格を目指すことができるはず。

 

人気が出てきたとは言え、薬剤師に比べればまだまだ認知度の低い新しい資格であるため、テキスト選びが難しいと言えるでしょう。

 

その点、通信教育であれば、経験豊かな講師のもと要点をついたテキストを使用して学習するため、テキスト選びで悩むようなことはありません。

 

ですから、自分にぴったり合う通信教育の講座を選ぶためにも、それぞれの講座の特徴を比較検討することは、よい講座選びの助けになるでしょう。