登録販売者|どんな業界でスキルを活かせるの?

医薬品を取り扱っている小売店

登録販売者の就職先としては、医薬品を取り扱っている小売店が代表的です。

 

元々、現場の薬剤師が不足していることから作られた資格だけあって、求人としては常に安定して出されています。

 

近所の医薬品販売のお店で求人が出ているのならば、働きながら資格取得を目指すのもお勧めです。

 

商品知識と小売店の業務を習得できるので、ムダなく受験勉強に励めます。

 

注意点は、登録販売者への要求が高めであることと、医薬品のプロである薬剤師から指導を受けることの2つです。

 

新人のうちは仕方ありませんが、顧客からの相談でいつまでも他のスタッフを頼っていると、専門職としての存在意義を疑われてしまいます。

 

一般医薬品も販売している薬局

薬局によっては、一般医薬品の販売についてのみ登録販売者に任せています。

 

処方箋への対応は薬剤師が行いますが、接客や一般医薬品の販売などは登録販売者で十分だからです。

 

登録販売者資格を有している事務員というポジションで、薬剤師との人間関係が上手くできて、薬局の運営に詳しい方が好まれます。

 

ドラッグストアなどの大型店に比べて勤務しやすいのですが、それほど人数が必要ないので、求人数そのものが少なめです。

 

少人数で肉体労働があまりないことから、ベテランのスタッフがいつまでも勤務し続ける傾向にあります。

 

未経験で就職する場合は、その薬局の関係者からの紹介でもなければ難しいです。

 

これから医薬品を扱う小売店

コンビニのような小売店では、売上向上の為に医薬品販売に目をつけています。

 

なぜなら、市販品のありふれた医薬品であっても、体調が悪いから立ち寄ったついでに買っていくニーズを取り込めるからです。

 

家電量販店のような、従来は医薬品と縁がなかったお店ですら、一般医薬品の販売を検討しています。

 

これから医薬品を扱う小売店では、全ての業務を有資格者が担当しなければいけません。

 

他に頼れる同業者がいないだけに大変ですが、責任重大なので正社員待遇で雇用されるケースが多いです。

 

一から医薬品販売を立ち上げるポジションだから、将来的に管理職として他の有資格者を部下に持てる可能性もあります。