登録販売者の年収はどれくらい?

一般医薬品の販売を行うことができる登録販売者の資格は、どなたでも資格の取得にチャレンジすることができる資格です。

 

近年、人気となっている登録販売者の資格ですが、登録販売者の年収はどれくらいなのでしょうか?

 

気になる登録販売者の年収は?

登録販売者が活躍することのできる職場はさまざまです。

 

独立して自ら店を構える方もおられるでしょうし、薬局やドラッグストアにて正社員として勤務する方もおられるでしょう。

 

活躍できる職場が多いため、その雇用形態もさまざまである登録販売者ですが、登録販売者として働いている方の平均年収は300万円ほどとなっています。

 

一般医薬品の漢方薬などを自ら販売する登録販売者と、アルバイトやパートで薬局に勤める登録販売者とでは、その年収には差が出ることでしょう。

 

そのため、登録販売者としてそれなりの年収を得たいと思うのであれば、資格を取得した後の就職先選びもしっかり行う必要があるでしょう。

 

登録販売者の年収は上がる?

住んでいる地域によって、労働賃金や年収に差が生じることがあります。

 

しかしながら、登録販売者の資格は全国どこにおいても通用する資格ですから、現在もまた将来においても有望な資格であることには変わりありません。

 

もしも登録販売者として年収を上げたいと思ったのであれば、経験を積むことはもちろん、より待遇の良い職場へと転職を繰り返すことによって年収を上げることができるはずです。

 

もちろん、登録販売者の資格を取得した後に独立して、一般医薬品を販売する店舗をオープンさせることもできるでしょう。

 

ですが、独立開業したとしても、すぐに顧客がつくことを期待することはできません。そのため、最初のうちは忍耐と積極的な宣伝が欠かせないでしょう。

 

そうする内に地域に密着した薬局として、さらには経験豊富な登録販売者がいるという評判を築き上げるなら、徐々に年収が上がっていくことになるかもしれません。

 

いずれにせよ、活躍できる仕事の場が非常に広い登録販売者の資格は、ますます需要が高まっている資格だと言えるでしょう。