登録販売者の仕事|楽しいのはどんな時?

自分の提案が顧客から感謝された時

医薬品販売の専門家である登録販売者は、その専門知識を活かして、顧客に提案することもできます。

 

公的な資格の所有者という事実のおかげで、自信を持って問題解決に取り組めるのです。

 

その顧客が抱えている問題を解決できる提案をすれば、その評判によって自分の立場が良くなります。

 

また、顧客から感謝されれば、直接的なモチベーション向上にもつながります。

 

小売業は、顧客と対面しながら行う業種なので、一分野の専門家であることは大きいです。

 

無資格の店員に比べて権威があり、その勢いによって自分の立場を固められます。

 

自分なりに仕事を仕切っていけるから、仕事への意識がガラリと変わります。

 

自分の企画で売上アップになった時

医薬品販売のみならず、仕入れから陳列まで、全般的に登録販売者の判断が求められます。

 

立場によって任される範囲が変わりますが、自分の裁量でやっていける売り場を持てるのです。

 

いつまでたっても年配者の下ではなく、自分のアイディアを実行に移せます。

 

自分の企画で売り上げアップになった時は、まさに小売業の楽しさを実感できる瞬間です。

 

小売業では、従来のやり方を維持するだけという店舗が多く、革新的な売り場にしようとしても、古株の反対に遭ってしまうパターンが多く見られます。

 

けれども、登録販売者になれば、自他ともに認める有資格者という立場に変わり、その状況に風穴を開けられるのです。

 

店舗管理者などに昇進できた時

ドラッグストアなどの小売店では、登録販売者が主力スタッフであり、仕事ができる人材であれば、とんとん拍子に出世できます。

 

店舗管理者などに昇進できれば、安定した収入と権限がある立場として、人を使ってより大きな仕事にチャレンジできるのです。

 

その店舗ではもう役職者の席が空いていなくても、即戦力の人材として、これから店舗拡大をしていく会社に転職する手段もあります。

 

医薬品販売はどこでも共通の業務だから、転職したからまた一からやり直しというわけではありません。

 

その店舗でしか通用しないやり方ではなく、日本全国の店舗できちんと通用する、本当の仕事に携われるのが大きな魅力です。