登録販売者資格はいらない?

薬剤師がいれば十分なのか?

医薬品の専門家としては、大学の専門学部を卒業した薬剤師が有名です。

 

厳しい国家試験を突破したスペシャリストだけに、医療機関から民間会社まであらゆる職場で活躍しています。

 

したがって、小売店の中には、薬剤師がいれば十分と考えているところもあります。

 

登録販売者は、これまで独占的だった医薬品の一部を一般人にも開放した、画期的な資格です。

 

高度な専門家である薬剤師は、末端の小売店にまで配属するほどの数がなく、また、薬剤師自身がキャリア的に小売店よりも調剤薬局を選んでいる現実があります。

 

社会的ニーズに応じて新設された資格である為、薬剤師との住み分けが進んでいます。

 

登録販売者資格の是非について

この登録販売者資格は、紆余曲折の末に、いよいよ受験資格の撤廃まで行われました。

 

主に小売店のスタッフ用として考案された資格で、各都道府県の自主性に任されています。

 

けれども、国家資格ではないことから、将来的には未知数という側面もあるのです。

 

少なくとも、受験資格がフリーになったことで、以前より合格者数が増加する可能性が高くなりました。

 

試験の難易度が上げられて、より薬剤師資格に近づいていくことも考えられます。

 

登録販売者の存在意義と職域については、有資格者の業績によって判断されていくでしょう。

 

成り上がるチャンスと捉えるか、それとも怖いと感じるかは、人それぞれです。

 

有資格者になってからが本番

登録販売者資格そのものが議論されている以上、有資格者になったからといって油断はできません。

 

他のスタッフよりも時給が高い分、有資格者である分を働きぶりによって証明する義務があります。

 

むしろ、有資格者になってからが、医薬品販売のプロとしての本番なのです。

 

単に時給が高くなる理由だけでは、資格取得後に専門知識のアップデートや創意工夫を怠ってしまう恐れがあります。

 

登録販売者試験の合格をゴールと考えるのではなく、そこをスタートとして、登録販売者制度をより周知させる存在とならなければいけません。

 

この制度を広く認めさせることは、有資格者である自分の立場向上につながります。