登録販売者試験の概要 - 登録販売者になるには?

選択式の試験だから受験しやすい

登録販売者試験は、全問がマークシートによる選択式解答となっています。そのため、ある程度の検討さえつけば、正解に辿り着ける可能性があるのです。

 

実技試験がないことから、かしこまった試験では緊張してしまう方でも取り組めます。

 

出題される問題数は多いですが、試験対策講座などで慣れておけば、スピーディに問題を解けます。

 

解答を記述していく問題では、試験会場に参考書を持ち込めないので、単語や理論の暗記も必須です。

 

しかし、この登録販売者試験では、暗記力ではなく、あくまで医薬品についての理解度を確かめています。

 

スピードを求められるものの、万人が受験できるように配慮されているのです。

 

ボーダーライン以上なら全員合格

登録販売者試験は、一部の医薬品の販売を許可することが目的なので、合格者数を絞る必要はありません。

 

小売店で医薬品販売をするニーズから作られた資格だから、むしろ積極的に受験者を合格させているのが特徴です。

 

都道府県によって異なりますが、だいたい各項目で4割以上、かつ、合計得点で7割以上なら合格圏内となっています。

 

医薬品販売について一定以上の知識があると証明できれば、全員合格になる仕組みです。

 

法律で設置が義務づけられている資格としては、ボーラ?ライン以上は必ず合格となることは珍しいです。

 

通常は、業務独占資格として競争試験になっているか、一定以上の実務経験が受験資格となっています。

 

住所地と異なる県での受験も可能

登録販売者には受験資格がない関係から、住所地と異なる都道府県での受験も可能です。

 

受験日が違っていれば、近隣の県でいくつ併願しても問題ありません。1年に1回程度で実施されるとはいえ、何回かチャレンジできる環境です。

 

仕事の事情で急に引っ越すことになっても、新たに申し込みができる期間内であれば、新住所においてそのまま受験できます。

 

官公庁の指針に従って作成されている為、どの都道府県で受験しても出題傾向や解答方式に大きな差異はありません。

 

せっかく半年以上も試験勉強を続けてきたのに、受験前にいきなり無意味になってしまう心配がなく、努力の成果をきちんと発揮できます。