登録販売者として独立開業するには?

さまざまなタイプの働き方を選ぶことができる登録販売者の資格は、需要も人気もある資格です。

 

中でも独立開業したい方にとって、登録販売者の資格は魅力的に映るのではないでしょうか。

 

そこで今回は、登録販売者として独立開業するにはどうすれば良いかについてご紹介したいと思います。

 

登録販売者として独立開業する方法は?

一般用の医薬品を販売することのできる登録販売者の資格ですが、自分の持っている資格を活かして独立したいと思う方には、ぴったりの資格だと言えるかもしれません。

 

薬剤師であればすべての医薬品を販売できますが、登録販売者なら第二類と第三類の医薬品のみの販売となります。

 

しかし、限られた医薬品の販売であったとしても、ドラッグストアや薬局で見掛けるほとんどの種類の医薬品を販売することができるでしょう。

 

登録販売者として独立開業するのであれば、店舗管理者として自分の店舗を開業し、薬剤師を雇用することで調剤薬局を運営することが可能になります。

 

調剤薬局の独立開業に必要な条件としては、保険薬局指定と薬局開設許可を得ること、そして店舗に調剤室を設けることです。

 

薬局を開業するにあたっては、保健所や医薬安全課に事前に相談することができるでしょう。

 

独立して成功するには工夫が必要?

近年、ドラッグストアや薬局だけではなく、コンビニエンスストアやホームセンター、さらには家電販売店においても医薬品が扱われるようになりました。

 

そのため、登録販売者の資格を活かせる職場は増えた一方で、登録販売者として独立して成功するためには、工夫を凝らした店舗づくりが必要不可欠になっています。

 

登録販売者の店舗管理者として自分の店を構えることもできますが、経営者の許可のもとエステサロンやスパ、そしてスポーツジムの一角などに、ビタミン剤や美容系の医薬品を販売するコーナーを設けさせてもらうこともできるかもしれません。

 

また、地域住民に愛される医薬品販売のお店を築き上げることができるなら、大手チェーン店に負けることのない薬局を運営することに成功するでしょう。