登録販売者になるには?

誰でもチャレンジできる登録販売者

受験資格がフリーになったことで、登録販売者は誰でもチャレンジできる資格となりました。

 

どのような立場であれ、コツコツ試験勉強をしていけば、今の自分を大きく変えられるきっかけを掴めるのです。

 

登録販売者になる登竜門である資格試験は、所定の手続きに従って願書を出すことで受験できます。

 

申込期限があるので、受験勉強を始める前に自分の受験日を確認しておきましょう。

 

試験そのものの難易度はそれほど高くなく、これまで試験勉強を経験してこなかった方でも、時間をかけて取り組めば十分に合格の可能性があります。

 

履歴書に書ける資格の中では、実務に直結している実践的な内容なのでお勧めです。

 

登録販売者になるまでの一般的な流れ

各都道府県による試験を受験して、ボーダーライン以上の合格点を取ります。

 

原則的に一定点数を取れば合格できる仕組みだから、たまたま競争倍率が高い年度に当たってしまう恐れはありません。

 

無事に試験合格となったら、過去5年間における実務経験に基づいて、登録販売者としての登録を行います。

 

なお、登録販売者の業務と無関係の職歴は、有効な実務経験とは認められないので注意しましょう。

 

次に、登録販売者の有資格者として就職活動を行い、現場で一部の医薬品の販売を担当します。

 

すでに医薬品を販売している店舗で働いている場合は、業務範囲の拡大と同時に、名札にも登録販売者と明記されます。

 

実際に登録販売者として就職するには?

登録販売者は、医薬品を販売している店舗に設置が義務づけられているので、比較的簡単に就職できます。

 

一部の医薬品の販売が許可されるとあって、新規参入を図る小売店で多くの求人が見られます。

 

従来は医薬品を置いていなかったコンビニなどでは、登録販売者の確保に動いています。

 

無資格のアルバイトに販売させると法律違反になってしまうので、1店舗であってもシフト全体をカバーする目的で複数人を雇っているのが特徴です。

 

パートといった非正規であれば、求人に応募するだけで採用されるケースが多くあります。

 

ただし、責任が重い職種だから、正社員のみを登録販売者としている店舗も少なくありません。