登録販売者になるとどんなことができる?

さまざまな場所で一般医薬品を購入することができるようになった現在、登録販売者の資格を取得して就職に活かそうと思う方もおられるでしょう。

 

人気の高まりつつある登録販売者の資格ですが、いったいどんなことができる資格なのでしょうか?

 

登録販売者になるとどんなことが可能になる?

全国の薬剤師不足を解消するため、2009年の薬事法改正からはじまった登録販売者の資格は、第二類と第三類の一般医薬品を販売することができる資格です。

 

この資格を有していれば、ドラッグストアや薬局で一般医薬品の販売に携わることができ、医薬品の種類に応じて購入者に説明をする必要があります。

 

ホームセンターやドラッグストア、そしてスーパーやコンビニなどの医薬品コーナーで働くことができるため、全国で通用する資格だと言えるでしょう。

 

さらに、エステサロンや鍼灸医院など健康と美容に関わる仕事の場で、ビタミン剤や一般医薬品を扱うところもあるようです。

 

そのため、登録販売者の資格を活かせる仕事の場は、バリエーションが豊かだと言えます。

 

登録販売者になって独立開業を目指そう

登録販売者の資格を取得すると、さまざまな一般医薬品を販売することが可能になります。

 

もちろん、薬剤師にならなければ、薬を処方したり第一類の医薬品を扱うことはできません。

 

それでもこの資格を取得しておけば、ほとんどの市販医薬品扱うことが可能になり、独立開業をすることもできるでしょう。

 

中には、漢方薬を専門に販売するお店を開いたり、人間用だけではなく「動物用」の登録販売者として登録すれば、ペット用品を販売するペットショップなどでペット用の医薬品を販売することもできます。

 

その他にも、コンビニオーナーになると共にこの資格を有しておくなら、コンビニ内で風邪薬や口内炎の薬など、一般的な医薬品の販売を行うことができます。

 

そのようにして、コンビニに一般用医薬品を置くことができれば、お店の売り上げに貢献できるかもしれませんね。